女の人

ボトックスで小顔になれる新事実|早速顔を小さくしよう

心配な副作用

女性

顔が大きいだけで致命的と思う人もいれば、個性だと割り切る人もいます。身体と顔の大きさが不一致だと、やはり顔面偏差値も下がるでしょう。美容整形外科で受けられるボトックスは、大顔に見える原因のエラをうまく隠すのに精通します。また、一回の施術で顔を小さくできるためとても手頃だと年齢問わず人気が加速しています。目や鼻はメイクでどうにか誤魔化せますが、輪郭だけはどうすることもできません。美容整形ではエラを削って顔を小さくしますが費用が高いうえにリスクが大きすぎるので避けたいという人が結構います。そしてボトックスによる副作用も心配されるでしょう。ボトックスは、筋肉を萎縮させる効果があり小顔だけではなく足痩せでも大活躍します。また、その効力はシワにも役立ち若返りがしたい中年の人から支持されています。ボトックスの正体はボツリヌス菌という毒素を排出する菌です。この菌が脳からきた命令を筋肉に伝える物質を抑制していきます。すると筋肉が異常に発達したエラが徐々に働きを失い、結果すっきりとした輪郭になるわけです。なお、ボトックスで筋肉の力が弱くなっても通常通り食べ物を噛むことができます。硬いせんべいやボリューム満点のお肉も好きなだけ食べられるでしょう。ボトックスがもたらすメリットは、注射の位置と深さを調整しながら行なうため、細かい部分のデザインが可能なことです。理想通りの形にするために要望はしっかり伝えるべきでしょう。なりたい顔の写真を提示するとより近づけることができます。また小顔になったその日から洗顔やメイクが可能で、万が一形が気に入らなくても効果がなくなれば元の輪郭になります。

小顔になれるボトックスには実に沢山のメリットがあります。その一方で、デメリットが結構あるのもボトックスです。一つ目は小顔を実感するまでに最低1か月かかることです。これはエラ削りにも同じことが言えますがすぐに効果を実感するのはほぼ不可能です。ただ、稀に効果が早く出る人もおりこの場合だと一週間で小顔を実感できるでしょう。また、ボトックスを打つ時に強い痛みが発生するのもネックです。麻酔はしていますが押されるような感覚があるのもデメリットの一つになります。副作用としては注射による内出血と腫れでしょう。この症状は数日でなくなりますが個人差もあります。他の副作用だと瞼が重く感じたり表情がこわばったりします。しかし、技術がある医師なら副作用をなるべく出さないために位置や調整をするので心配はいりません。長い間小顔でいるためには、数か月に一回ボトックスを打つことが何よりも重要になります。

Copyright © 2017 ボトックスで小顔になれる新事実|早速顔を小さくしよう All Rights Reserved.